読み込み中です・・・
原発フリーのでんきを使う
自然エネルギーのでんきを作る
2022冬節電!グリーンセービングアクション
カンタンでんきお申し込み
2022冬節電!グリーンセービングアクション
カンタンでんきお申し込み
今すぐ料金シミュレーション
家庭用太陽光(卒FIT)買取
資料請求・お問い合わせ
原発フリーのでんきを使う

子どもの未来のためにも原発フリーのでんきを選ぶ。
その一歩が大事です。

毎日使う電気だからこそ、原発に頼らずに安心できるものを。
グリーンコープの願いは人や地球にやさしいこと。「グリーンコープでんき」は原発フリーにこだわりました。
しかも、電気の品質や安定性はこれまでと一切変わりません。
子どもの未来を守るためにも、原発依存の電気から原発フリーのでんきにシフトしていくことが大切です。
その一歩を「グリーンコープでんき」で。

まずは料金シミュレーション
でんきカンタンWebお申し込み
グリーンコープでんき」って?

グリーンコープでんきは電源を特定することによって、
「原発フリー」の電気を実現し、お届けしています。

グリーンコープでんきの電源構成・非化石証書使用状況

2021年1月1日〜2021年12月31日供給電力分実績値
(内側円:電源構成 外側円:非化石)

でんき内訳
電源構成 バイオマス:93.0%、卒FIT:1.7%、水力(小水力):0.4%、一般ごみ:3.9%、地熱:0.9%
  • 「グリーンコープでんき」は非化石証書を使用していないため、再生可能エネルギーとしての価値やCO2ゼロエミッション電源としての価値は有さず、火力発電などを含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。
  • FIT電気を調達する費用の一部は、グリーンコープでんき以外の需要家も含めて電気の利用者全てから集めた賦課金により賄われています。

原発は「いのち、自然、くらし」を脅かすもの。
グリーンコープは30余年前のチェルノブイリ原発事故以来、一貫して脱原発をめざしてきました。
東日本大震災による原発事故を機に、2013年からは、自分たちが使う電気を自然エネルギーでつくり出していこうと、
各地に発電所を建設し、2016年から電気の供給事業に取り組んでいます。

電気が届くまで

「グリーンコープでんき」は、大手電力会社と同じ送電線を使って電気を供給しますので、
停電が増えたり、不安定になったりはしません。
送電線は共通でも、電源は「原発フリー」の特定電気です。
その電源は、クリーンセンター、グリーンコープ市民発電所などから供給される
非化石(化石燃料を使わない発電所)の電気でもあります。

説明図

グリーンコープでんきの電源について、詳しくはコチラ

ご利用料金について
新料金(低圧プラン) 新料金(高圧プラン)